どきゅん諸葛亮孔明の兵法

誰でも使える諸葛亮孔明の兵法、成功法則です。

どきゅん諸葛亮孔明の兵法29幸運エネルギーの式と算命学の周期の正体

f:id:tomototo:20181128080151j:plain

 

 

やる気が起きねえ。

なんなんだ、今日は・・・

 

そんなスランプな日ってありますよね。

 

人には、バイオリズム、という周期があります。

 

 

僕はこの正体を掴もうとしました。

 

んで、カレンダーに、どうしても何もしたくない日を記入してみました。

すると、16,17日ごとに超絶やる気のない日 が来ることが解りました。

ま、僕の場合ですけどね・・・。

 

この周期が何なのか?。

 

 

今回はこれと、算命学の周期の関係性を掴んでみようかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

算命学の正体をつかめ!!

 

 

算命学では、その年の凶の方向が次のように定められています。

 

 

f:id:tomototo:20190106075644j:plain

 

 

いやいや、その年に行ってはいけない方向って、この9パターンなのですねー。

 

ちなみに去年2018年の凶の方角は、南北。僕はこの年に南の方角の鶴岡八幡宮に行っています。

そしてカラス事件が起きて、悪いことが積み重なりました。

 

 

あと、偶然でしょうが、2011年、東北大地震が起きた年は、上の図で言うと、

2020年のところ。

凶の方角は西東の方向。このころから僕はパワースポットに通い始めています。

香取神宮の灯篭がいっぱい倒れていた記憶があります。

 

このように、算命学では、凶の方角が周期的に決まっているのです。

 

 

そして、この周期、よーく見てください。

 

凶の変化は、ぐるっ一周していないことが解りませんか?

 

 

途中で止まって、元に戻っていますよね。

 

実は、凶の方角は、西東を下にした、振り子のように行ったり来たりしているのです。

 

 

f:id:tomototo:20190106080424j:plain

 

なにこれ?なんでぐるっと一周でないの?。

なんで振り子のようにゆらゆらしてんの?。しかも西、東を下にして!!。

 

 

これね、考えるともう答えはこれしかない。

 

東から登って、西に落ちるもの、それは、太陽か月ですね。

f:id:tomototo:20190106080958g:plain

 

もしくは金星、火星、木星なんかも、地球の東西の方向に位置しています。

これらも怪しいとみていいでしょう。

 

つまり、算命学のいう凶の方向は、これらの惑星が関係している可能性が高い!!。

 

 

そして、なぜ振り子のようにゆらゆら揺れるのか?。

 

その答えもこれしかない!!。

地球の地軸の傾きです!!。

 

f:id:tomototo:20190106081947j:plain

 

凶の方角が振り子のように、行ったり来たりするのは、地球の地軸の傾きが原因じゃないかと僕は推測しました。

 

そして、算命学の9年周期とは何か?。

これについても答が推定できます。

 

9年周期とは、8進法です。0が入ると、8で一周するのです。

つまり、本当は8年で一周していると考えていいのですね。

 

そして、この考えに当てはまるものとは何か?。

 

 

それは 太陰暦の8日周期です!!。

太陰暦とは、月の満ち欠けの周期を基にしたカレンダーです。

それが8日周期で繰り返しています。

 

 

もう一つ、金星の地球に接近する周期も8年だと言われてるのですが、これもあるのかなー?。

こっちはちょっと解りません。

 

 

さて、これで一応、僕の推測は決まりました。

算命学の周期の原因は、月、だろうと思うのです。

 

そして、地球の地軸の傾きが振り子のようになっている。

 

 

 

ここまで出てくると、前回やった、

幸運加速度

の答も出るっていう事ではないでしょうか?

 

幸運エネルギーの式 = 質量 x 幸運加速度 x 移動距離

 

 

この式から、幸運にかかわる項は、

幸運加速度

のみ!!。

 

 

そしてその加速度、重力としてかかわっているのはーーー

 

月です!!。算命学の正体は、おそらく

月の重力なのではないだろうか?

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、一番最初に書いた、僕のスランプの周期。

どーしてもやる気の出ない日をカレンダーに記入してみると、大体16日、17日に一回くる感じでした。

 

この日に何があるのか?僕は月の周期を調べてみました。

すると、その答えはーー

 

満月と新月でした!!。

 

月と太陽が、地球を挟むか、直列になるか、どっちかのときにやる気が全くでない日になっていたのです!!。

バイオリズムが、月の満ち欠けの周期と一致してたのです!!!!。

 

なんという一致!!。自分の中でこの一致はさすがにびっくりしました。

 

ただ、これらは根拠が弱いです。

もしこれを証明したかったら、

 

再現性。(何回やっても高確率で出るでもOK)

人間と月の重力の因果関係を式に表す。

 

この両方を成し遂げねばならない!!。

そうじゃないといつまでたっても占いの域を出ない!!!!!。

 

 

 

信じるか信じないかは、あなた次第です!!。ではダメなんだー!!。

それを言ってたら、いつまでたっても前に進まないっしょ!!。

 

 

僕はここまで突き止めようと考えているのです。

それが解り次第、ブログに書き込もうと考えているのであった。