どきゅん諸葛亮孔明の兵法

誰でも使える諸葛亮孔明の兵法、成功法則です。

どきゅん諸葛亮孔明の兵法 誰でもジョブズ、百福、治虫になれるシステム、じょもむシステムをつくってみた⑤

前回までのあらすじ

 

努力をいかにするのでなく、妥協をいかにしないか

これがヒット作を生む秘訣であった。

 

「妥協しないという事は、諦めなければいいだけだ」

という精神、根性論からそろそろ逸脱しなければならない。

 

ジョブズ、百福、治虫、

から、妥協の仕組みを分析し、それをシステムとして取り入れることを考えた。

それが、

 

「じょもむシステム」

 

であった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:tomototo:20190210115648j:plain

 

 

じょもむシステムは

「ジョブズシステム」

「百福システム」

「治虫システム」

 

の三つのシステムを、自分の作業工程に組み込むことで

「誰でも妥協しにくい作業工程」

を作り出すことにあります。

 

 

 

「ジョブズシステム」は、100回やり直させられることを前提に、

直しやすさ

を数値化して考えるシステムでした。

 

 

 

「百福システム」は、完成してから見直しをするという

作品ストレス

に対して、数値化して軽減する方法を考えるシステムでした。

 

 

 

 

今回は最後の、

「治虫システム」

について書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

時間をどう短縮するか

 

 

手塚治虫は、週刊アニメを作ろうとしたとき、明日放送なのにもかかわらず、

全リテイクをたたきつける、

という悪行を行いました。

 

 

 

アニメーターに恨みでもあんの?

と言いたいところですが、これがヒット作を作る上での秘訣になるのです。

 

 

普通の人なら、時間が決められて間に合わないときに、

「仕方ない、これでいっか」

と妥協してしまいますね。

 

 

 

問題が発生し、それが乗り越えられない時人は妥協してしまいます。

これが

「問題の壁による妥協」

なのです。(前回までは時間の壁とかいていましたが、変更(^_^;))

 

普通の人は、問題の壁が乗り越えられないときに、妥協をしてしまう事になります。

 

 

 

 

 

問題の壁を乗り越える方法を考える

どうやったら、一週間にアニメを作れるのか。

 

普通にやってたら無理だという事は明らかでした。

 

 

 

そこで手塚治虫は、コマ数を減らす方法を編み出しました。

口だけ動かす

動きの枚数を減らす

同じモブキャラで繰り返させる

 

など。

これをリミテッドアニメーションと言います。

 

 

 

「でもそれってクオリティー落ちるんじゃね?。妥協してね?。」

 

しーっ。

 

 

 

技術というのは、問題を解決するときに生まれるのです。

 

そう、「治虫システム」は、

技術を使って問題を解決するシステムなのです

 

 

 

 

「治虫システム」は技術を使って改善を図るシステム

 

って、これは仕事術の本に書いてあるようなことなのですよね。

 

あえて「治虫システム」なんて書かなくても既存の手法でした。

 

 

 

とにかく自分の作業に問題点があったら、

「努力や根性、徹夜すりゃー乗り切れる!」

 

と考えずに、技術を取り入れてみることを考えましょうよって話なのです。

 

 

 

まとめ

 

5回にわたって、じょもむシステムを書いてきました。

いかがでした?

 

治虫システムは、仕事術の本に書かれているような内容だったので、軽めに書きました。すみません。

このブログは、なるべく新しい情報を書き残したいからです。

 

 

僕はこの じょもむシステム を発明し、僕自身も自分の作業工程に革新をもたらしました。

 

ジョブズシステムによって、直しやすさを改善しました

百福システムによって、見直しポイントを追加しました。

治虫システムによって、3Dを使う事にしました

 

 

じょもむシステムは、誰でも使えますし、

一人でも使えるところが革命的

だったと思います。(自分でいう?)

 

 

 

会社の場合なら、

 

見直しチームを別に作る、

人手を増やす、

技術者を雇う

 

で、じょもむシステムに匹敵する対策が打てると思います。

 

 

しかし、じょもむシステムは、

あくまで一人でも対策が立てらるところに革新があるのです。

 

 

 

最後に

 

どきゅん諸葛亮孔明の兵法 は、一か月にわたって勉強した結果をブログに残すものです。

毎日更新できなくて申し訳ありません。

 

その代り、皆さんの役に立つ、どこにも書かれていない斬新な内容しか書きません。

 

一か月勉強したことが空振りになることもあります。

その時は更新が2か月後になるかもしれません。

 

 

それでも、読んでくださる方がいるので頑張って続けています。

 決して、読者登録を外さないでください!!!!!!。謝!!。

 

 

 

次回は、「お金を手に入れるのが先か、権力を手に入れるのが先か」

について研究していこうと思っています。

 

うまくまとまると言いのですけどね~

 

 

ではまた。

 

 

つづく

 

 

 

 

僕の書いた漫画です、ぜひ買ってください。まだ160冊しか売れてません。ひ~っ


もしも諸葛亮孔明の”妖精”が太平洋戦争を指揮したら?