どきゅん諸葛亮孔明の兵法

誰でも使える諸葛亮孔明の兵法、成功法則です。

どきゅん諸葛亮孔明の兵法 権力とは?①生産するという事が人間と社会の目的という結論に至るのかな

あらすじ

 

出世、権力の勉強しているうちに、

「これは王道ではなく、横道だな」

と感じるようになってきた。

 

人間が社会においてすべきこと、それとは違う成功術であることに気づいてくる。

 

人間は社会に対して何をすべきなのかが見えてきた今日この頃であった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:tomototo:20190210115648j:plain

 

 

お金を稼ぐこと、マネーゲーム、投資術。

 

これと

権力を手に入れること、処世術

 

は、全く同じ分野である。

 

 

 

 

なぜなら、生産しない成功術だから。

 

 

 

 

亜種なのである。

 

 

王道の成功術は、世の中に対して、「生産すること」

に他ならない。

 

 

 

しかしながら、処世術、投資術は、社会が発展してくるごとに力を増してくる

というのが

成功術の答えのようである。

 

 

 

 

亜種道とでも言おうか。

 

 

 

 

 

成功術の王道が、「世の中に対して生産すること」

 

成功術の亜種道が、 「処世術、マネーゲーム」

 

 

という事なのだ。社会が発展するにつれて、

後者の立場が強まってくる。

 

 

 

 

現代において、社会性の発展は著しい。

 

だから、

処世術、マネーゲームの成功術も無視できないという事になっているのだ。

 

 

 

つまり、権力を手に入れるという事は、

成功術の王道である

「生産という事はどういう事か」

を知らないとならない。

 

 

権力を手に入れた先に、生産を考えないとならないという事だ。

 

 

マネーゲームをした先に、生産を考えないとならないという事でもある。

 

 

 

 

自分だけ生き延びればいいという成功術は存在しないのだ。

 

 

 

の、ハズなのだが?

 

 

 

社会が発展してくると、これも無視できない!!!。

 

 

 

きれいごと言ってっと、やられんぞ?

っていう事なのだ。

 

 

 

 

だから、

 

「生産と処世術のはざまを知らないとならない。」

 

という事になってくる。

 

 

 

 

自分はどっちに向いているのか、という事を知らないとならないという事なのだ。

 

 

 

生産して成功するのか?

処世術で成功するのか?

 

 

果たして、あなたはどっちに向いているのであろうか?

 

 

 

 

これを次回から書いていこうと思う。